企業向け組織活性化メンタルケア

人材力アップ、生産力アップをめざす中小企業の皆様へ

レインボーハーバリウムで組織活性化

<ヒューマンパワーを100%活かすメンタルケアプログラム>

 

180618140824vmrf_l.jpg

 ただ今、モニター企業様募集中!!!

 coloriam-bottle.jpg

 働き方改革が叫ばれ、人材不足が深刻となっています。

アンフィニでは、会社の成長のカギは人材(ヒューマンパワー)にある

と考え、カラーセラピーによるレインボーハーバリウムを活用した

社員の皆様の「幸せ度アップ」のメンタルケアを提案しています。

社員が幸せになり組織がかわる!

新しい成長のサイクルがここから生まれます。

<活性化プログラムの内容>

Step1 朝のマインドセット

レインボーハーバリウムをセット。

毎朝、8色の中から気になる色を1色セレクト。

色の意味を知り、ポジティブマインドセットをおこない、

生産的な一日を過ごすことができます。

(ネガティブな状態でもそれを知ることがとても重要)

 

Step2 1か月間のカラーダイアリー

朝のマインドセット時の色を、カラーダイアリーに1か月間記入

ることで、自分の意識、無意識の傾向がわかります。

一人ひとりの精神的な成長と潜在的な能力開発が図られ、

強みを活かし職場環境が生まれます。

 

Step3 個別カウンセリングとフィードバック

心の視覚化で強みがわかり、社員の能力が発揮できる組織になります。

社員の幸福度が上がり定着率が高くなるとともに、業務へのチャレンジ精神

が生まれ、会社の業績アップが期待できます。

1か月の始めと必要と思われる時、カラーダイアリー記入終了時に

個別カウンセリングをおこない個人レベルでフィードバックをおこなって

いきます。

 

◎ご提案

1か月の活性化プログラムを導入するには、

オーナー様にも社員様にも予備知識が必要だと

お考えの場合に、2時間集中の

<「色」でおこなう社員のメンタルケア>

カラーグループワークを準備しています。

 

導入:「色がどうして人の心をいやすのか」

グループワークの内容

①色からわかる今の自分(自分を知るワークその1)

②色が教える自分の本質(自分を知るワークその2)

③グループ内で気づきのシェア(他者を知る・相互理解)

④グループごとの気づきのシェア(他者を知る・全体理解)

⑤まとめ 個人からわかる会社の気質

会社の気質からわかる会社の「色」

会社の社会的貢献度がわかる

 

2時間プログラムの効果:

コミュニケーションの促進

・ポジティブ思考にスイッチが入る

・適材適所で社員活躍へのヒント

・チーム力が向上する

・オーナー様への信頼度がアップし、

 会社で働くことが楽しくなる

 

お問合せは、090-8726-0266

または、 https://infini5.com/contact ←ここをクリックしてください。

 

◎ひとつの実例をご紹介

出勤時間がシフト制で全員がそろうのが難しい保育園さんでの

社員メンタルケアプログラム実施の例です。

 

「さんめい保育園」さま

IMG_4668 (002).JPG

 1回目の個別カラーカウンセリングから1週間後、2日目のグループワークの様子。

 

さんめい保育園さまの場合

・シフト制でスタッフ全員がそろう時間帯に限りがあること

・2019年に新設された保育園なので、キャリアは個別にあるけれど

 だれもが新人。お互いが知り合って間もない。

・怒涛の忙しい時期を全員がすごしているので癒しの時間が必要

・スタッフにハーバリウムに興味がある方がいる。

 上記の条件から、個別カウンセリング&セラピーハーバリウムと

 グループワークのプログラムを組みました。

 

 園長先生からの要望は、2019年に新設された保育園で、

 スタッフのひとりひとりに疲れも出てくるころ、メンタルケアが

 必要だとおもうのでよろしくお願いしますとのことでした。

1日目は、個別カウンセリング&セラピーハーバリウム創作

 アファメーションを設定する

2日目(1週間後夕方)

 グループワーク

 アファメーションに取り組み、その感想

 色をとおしてこの1週間で気づいたこと

 自分以外のスタッフの色をみて感じたこと

 

 

「色」を通して自分を深く知ることで、職場のみならず

 家族との関係性と「働くこと」「仲間」との出会いの意味を

 感じられた方もいたり、グループワークではシェアすることで

 自己開示も加わり、表面的なお付き合いから精神的なものを

 共有するチームとしての一体化が進んだようでした。

 さんめい保育園さんは、全員女性スタッフなので、

 家庭と職場のワークライフバランスをとるために

 協力しやすい上、今回の研修を通してさらに絆が強まり、

 最近加わった先生にとっても連帯感が生まれる

 良い機会なったようでした。

 人間関係が信頼で結ばれ、仲の良い先生とスタッフに

 囲まれている園児たちはとても幸せな雰囲気の中で

 過ごすことができるので、職場の雰囲気=保育環境に

 つながる理想な素晴らしい状態といえるとおもいます。

 適度な息抜きをつくることがその状態を保てるポイント

 です。

 

 園長先生からの言葉:

 女性が働くことがあたりまえになっているので

 職場環境として充実させていきたいとおもっています。

 今回のメンタルケアでチームの一体感がとても出てきています。

 仕事もやりやすくなっているのでとても良かったと感じています。

 

 例)個人レベルのカラーセラピー

 IMG_4491 (005).jpg

 事例)カラーボトルを順番に選び、ひとつ一つの色が個人にとってどんな意味が

   あるのかをイメージワークを通してみていきます。

 同じ色でも一般的な共通な意味があるものと、独自のものがあることが心と体の両面から

 理解することができます。それが理解できたうえで作成したセラピーハーバリウム。

 アファメーションをつけて、色とともに感情、情動にプラスの変化をもたらしていきます。